SPARKは【フライヤー?】

私(管理人)は、このホームページににある“SPARK”と関わって、早くも2年の歳月がたちました。 その間には、様々な方たちに、SPARKで揚げた食材をご試食いただき、“おいしい!!”というお言葉をいただいてきました。(開発者は私では無いので、正確には私に向けられた言葉ではなく、全ては開発者に向けられた言葉だと思います。)SPARKの見た目【外観】及び【機能】は既存の調理器具の定義では、“SPARK”はフライヤーと呼ぶことが当たり前だと思っていました。 このことにより大きな勘違いをしてしまっていたのでは無いかと、最近強く思います。

 私のような製造に関わる者は、“SPARK”のような物を見ると、当然、既存の機器と比較します。まして高温に(150℃以上~)熱した油を使い、これに食材を投入する調理方法を、今までは ”天ぷら” ”フライ” ”上げ物”と呼んできました。 また、これを調理する器具を、”天ぷら鍋” ”フライヤー” と呼んできました。弊社の扱う ”SPARK” は、 私の知る限り、外観はまさに このフライヤーそのもので、それ以外の何者でもない形をしています。故に、私の扱っている“SPARK”をフライヤーだと思い込んで、その定義の中でお客様にも接していました。

見た目は、新しい形をしたフライヤー!

しかしSPARK”で調理した食材は、今までの天ぷらの常識とは違った物に成っているのではないでしょうか? と最近思います。 確かに衣をつけて揚げれば、天ぷらとしか呼べない物が出来上がります。しかし、水分を含んだ食材を(全ての食材では、ありません。)衣もつけずに油槽の中に投入して調理することが出来、ステーキ用のお肉を投入すれば、まるで鉄板で焼いたような、調理が出来るのです。 また、ドーナッツのような、揚げ物を作ると、食材内部に油はしみ込むことが無く、脂っこく無い、今までに無い、おいしいドーナッツ(揚げ物)が出来てしまうのです。

 これらのことから、”SPARK”は、フライヤーの定義からはみ出す、全く新しい調理器具なのではないのか?と最近つくづく思うのです。ところがどっこい、私の持つ概念は変えることが出来ても、端的に”SPARK”を表現する言葉が見つかりません。 さてさて、どうしましょうか、、、。?
  

  

食材の無駄

飲食店経営の皆様へ!

投稿を表示

予定外にお客様がすくなかったとき
予定していたパーティのお客様の人数が減ってしまったとき。
今のような(現在コロナウイルスで来客が読めません!)とき。
こんなはずでなかった食材の無駄に困ってませんか?
余った食材を、冷凍保存しても、新鮮さの欠如、劣化、等々
飲食に携わった方であれば、この問題は見逃せない大きな
問題なのでは無いでしょうか?

 又、現在 地球全体が抱える、食糧問題も見逃せません。

”SPARK”は、こんなときにも、お役に立ちます。
多くの余ってしまった食材は、躊躇無く、冷凍保存してください
”SPAEK”凍った食材を、安全においしく調理出来る、調理器具
です。後は、あなたの工夫次第です。

SPARKの特許

特許:第5593235(JP5593235)

特許:第5970297(JP5970297)

 *SPARKは、特殊直流電源(DC電源)によって、電場を作り出して
  います。この技術は、日本国内におきまして、すでに上記特許を習
  得しています。 SPARKは、最新の技術と、よりよい調理結果を、
  お客様に提供いたします。
   

SPARKって何?

“SPARK”は、電場の力を使って調理する、今までに無い新しい
フライヤーです。
今までの常識にとらわれない、新たな調理方法をご提案します。

SPARKは、今までの ”天ぷら”の常識を変えます

スパークでは、誰でも、豆腐を素揚げにすることが出来ます。
スパークを使えば、1分(条件によります)でおいしいステー
キを作ることが出来ます。